2014年01月31日

有給休暇

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日、関与先様から有給休暇の質問を受けました。

そうでう、半年以上勤務して全労働日の8割以上出勤した者は

年間10日間。

1年半以上勤務すれば2年目は11日間。
P1130346.JPG

1年半、まるまる有給を使わなければ21日間の行使可能。

ちなみに時効は付与から2年間。
P1130347.JPG

そう!そうなのです!

勉強したら勉強したで役に立つ中小企業診断士試験。
P1130345.JPG

しか〜し!!!

2次試験との相性が悪すぎです。

う〜ん、がんばらねば…



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 22:13| Comment(0) | 税理士

2014年01月26日

平成26年1月28日の租税教室に向けて

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

平成26年1月28日(火)開催予定の租税教室へ向けて準備をしておりました。

短大、高校、中学校で一通り講師をさせていただいたことがありますが、

今回は初の小学校です。

今までどおりでは通用しないと100均へ。

購入したのはマグネットシート!
P1130338.JPG
それにしても何でも売っているもんですな。

しかも100円。

これを3等分に切り分けて
P1130341.JPG
カッターで切れました。

上から印刷した用紙を貼れば出来上がり。
P1130344.JPG
思ったよりきれいに仕上がりました。

が、そこはかとなく当日不安です。



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 18:56| Comment(0) | 税理士

2014年01月24日

国外関連者に対する寄付金

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日は、すでにアルコールが入っておりますので手短に。

所属する税理士会のお役で以下のテーマについてまとめよとの指示が。

国外関連者に対する寄付金

なかなか難しいお題で苦労しましたけれど、やればやったでなんとかなるもんせすな。

キーポイントは『経済(的)合理性』です。

ちなみに、苦労讃嘆して編み出した文章は以下の通り。

経済のグローバル化に伴い製造業を営む中堅中小企業の中でも、
生き残りを賭け海外に子会社を設立し、海外に製造拠点を移す
動きが今後も続くものと予想されます。その際、海外に設立した
子会社は当面赤字続きで、事業の運営上、現地の他社に管理を
委託することが困難な場合が多く、結果として国内の親法人が
様々な業務支援を行っている現状が見受けられます。また、親会社が
子会社に対して、実際に役務の提供にかかる対価を請求する場合には、
相手国によっては親子会社間の送金には現地国の法令上の制限から
実質的に請求できない場合もある。
したがって、法人税法基本通達9-4-2(子会社等を再建する場合の
無利息貸付け等)のほか、海外進出時の一定期間における子会社支援
についても経済合理性があるものとして、海外進出計画等の提出を
要件に、国外関連者に対する寄付金の損金算入を一定の中小法人について
認めるべきである。



う〜ん、まずまず?



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 19:50| Comment(0) | 税理士