2022年08月23日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:雲上のスイートルーム編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は五竜山荘前で記念撮影中!
P1520349.JPG
よっしゃー!!!

ここで時間を確認してみましょう。午後12時59分です。
DSCN0470.JPG
ほぼほぼコースタイム通り登れました。

受付前に辺りを散策してみましょう。興味津々。
P1520347.JPG
むむっ、逃げ場なし!!ですか。八峰キレット。もっとも、五竜岳登頂が先です。

外トイレ。後で行ってみましょう。
P1520348.JPG
では受付へ。中はどんな感じでしょうか。

で、受付済ませて既に中へ。館内の配置はこんな感じ。
P1520356.JPG
モーリーの今日のお部屋はイワカガミの下段です。今日登りで見ましたね。キレイなイワカガミ。

徐々に館の全容が明らかになってきます。
P1520366.JPG
見えずらいですが、チェックアウトは8時です。

今日この後から明日までの行動を決めるうえでも大事な確認です。
P1520354.JPG
で、物干部屋を通過して部屋へ向かいます。そうです。イワカガミちゃんです。

長いストレートを進んで行きます。かなり長い。
P1520353.JPG
ひとつひとつ名前を確認してゆくと…

ありました。今日のお部屋。重いザックを下ろして小休止です。いや〜〜、疲れた疲れた。
P1520350.JPG
も、当初の計画は今日中に五竜岳に登る予定でしたので外の様子が気になります。

ザックの中の不要なものを下せば、時間も体力的にもまだ余力はあります。
P1520351.JPG
も、まずはトイレ。トイレは一番奥にありました。

では、外の様子を見てみましょう。って、 ガッボ〜〜〜ン。
P1520360.JPG
ダメだこりゃ〜。部屋に戻ってもう少し待機してみましょう。テン泊の方々、楽しそう。

そして部屋に戻る間にモーリーの頭にある仮設が浮かんできました。
P1520352.JPG
思ったより登山者少ないな。夏のハイシーズンにしては少なすぎる。って。

もしかしてイワカガミの下段、モーリー独り?

えっ、うそやろ。。こんなもん普通、12人くらい入るやろ。

えっ、この部屋今日貸切り???

やっほーーーい! 雲上の素敵なスイートルームが登場しました。超ラッキー。



雲上のスイートルーム編はここまで。

次回、晩飯うめ〜〜〜!!編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 00:02| Comment(0) | 登山部

2022年08月22日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:堂々の五竜山荘到着!!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は2カ所目の鎖場が登場したところ!
P1520324.JPG
先程の鎖場より険しいです。慎重に登りましょう。

そしてまた鎖場。何回も出てきて思いのほか長くしぶとかった。
P1520325.JPG
それでも何とか無事通過。

これは下る方のための標識ですな。
P1520326.JPG
ハイマツがキレイです。

鎖場を越えればなだらかなコース。
P1520327.JPG
小屋までもう少し。

記念撮影でもしましょう。いい思い出になります。
P1520329.JPG
久々に大きなザックを担いでの登山は大変。何度か担いで練習しておけばよかった。

で、白岳到着。本当は素晴らしい景色なんでしょうな。
P1520331.JPG
また来る時のお楽しみにしましょう。

ではここでも記念撮影。
P1520333.JPG
現在のタイムを確認してみましょう。

午後12時42分です。出発してから5時間15分ほど。
DSCN0469.JPG
ペースはまずまずでしょうか。

小屋までの最後のピークですね。あ、いや。白岳を振り返ったところだったか。
P1520334.JPG
鎖場が何度かありましたが、登りやすくきれいに整備されていました。感謝。

見えてきましたね。五竜山荘。
P1520338.JPG
もうすぐそこです。

分岐の標識を五竜岳に向け舵を切ります。
P1520340.JPG
明日はもちろん唐松岳へ!

ザレた足場を慎重に抜けていきます。
P1520341.JPG
雨は降りませんでしたので、快適な登山でした。

赤い屋根が大きく見えます。今日お世話になるお宿。
P1520342.JPG
登山者の話し声が聞こえてきます。

そう、本来ならば2年前に登るはずだったのが、コロナのせいで待たされました。
P1520345.JPG
それでも念願だった五竜山荘、堂々の到着ですexclamation×2



堂々の五竜山荘到着!!編はここまで。

次回、雲上のスイートルーム編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 00:15| Comment(0) | 登山部

2022年08月21日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:見えたぜ!五竜山荘!!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は登りで右側が深い谷になった箇所を通過したところ!
P1520301.JPG
そしてお次は鎖!! 徐々に山頂に近づいているということでしょう。

でまた鎖!! まだたいしたことありませんが、なぜか登りにくかった。
P1520302.JPG
そうでした。片手に三脚を持っていたからです。

まぁ、まだその程度の難易度ということですな。
P1520303.JPG
先がどうなっているか全くわかりません。

チングルマの死体。いや、老化。
P1520304.JPG
先程はきれいに咲いていたのに。少しの標高差でえらい変わりますな。

コバイケイソウ。やや小ぶり。白山の弥陀ヶ原のコバイケイソウはどうでしょうか。
P1520306.JPG
最近は早い時期に登るのであまり見ることがないです。

鎖を越えればなだらかなコースですが、さすがに疲れが出てきます。
P1520307.JPG
五竜山荘まであとどのくらいでしょうか。

あのピークの先かな〜〜、などと妄想しながら進みます。
P1520312.JPG
ここらで下山されてくる方と何回か会いました。唐松から来た方々ですね。

丸ペンキなど確認しながら慎重に。
P1520310.JPG
するとまたまたお花畑登場。

これは何でしょうか。確認しましたが名前が分かりません。
P1520311.JPG
キレイな色をしています。

こちらはリンドウ。シモツケに白い花も写っています。
P1520315.JPG
登山の楽しみの一つですな。

ふと視界を前に向けた瞬間でした…
P1520320.JPG
見えたぜ!五竜山荘!!  やはり近くまで来ていました。

ズームしてみましょう。いるいる。登山者が。
P1520319.JPG
楽しそうに談笑されていますな。

丸ペンキを目印に先へ進みましょう。山小屋が見えたので足に力がみなぎります。
P1520321.JPG
もっとも、見えてからが長いのですが。

おっ、ハクサンフウロちゃん。今年はもう一回、白山に登る予定です。
P1520323.JPG
もっとも、この後に迫る五竜岳との戦いが先ですが。



見えたぜ!五竜山荘!!編はここまで。

次回、堂々の五竜山荘到着!!編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 10:09| Comment(0) | 登山部